住宅ローンの金利基準はなに?

投稿者: | 2013年11月25日

住宅ローンの金利が下がっている、住宅の値段が下がっているということなどから、現在、住宅は買い時だと言われています。この住宅ローンの金利は何を基準に定められているか知っていますか?過去に住宅の購入がラッシュになったのは、消費税が3パーセントから5パーセントになる直前と言われています。しかし現在、金利は最低だと言われていることから、今後の金利は上がる可能性が非常に高いと考えられているそうです。


住宅ローン減税の対象

住宅ローンで注目されるのが、減税です。中古住宅でも、一部の条件をクリアすれば減税の対象となることから、中古住宅への注目も集まっているそうです。減税の適用範囲が緩和され、既存住宅売買かし保険に加入していること、耐震基準をクリアしている住宅であること、木造住宅は築20年以内、耐火住宅は築25年以内であること、のいずれかの条件に当てはまれば、住宅ローン減税を受けることができます。


贈与枠の非課税もある

親などからの遺産で住宅ローンを利用する場合などは、非課税の対象となるケースもあります。非課税になる条件には、著系尊属からの贈与であること、贈与された資金を翌年の3月15日までに住宅として増改築や購入をし、建物として認められることなどが挙げられています。