住宅ローンの繰り上げ返済を行うときは

投稿者: | 2013年11月25日

住宅ローンの金利が過去最低などと言われていることから、住宅を購入する人が増えているそうです。繰り上げ返済とは余裕ができた年などに住宅ローンの残りを先に支払ってしまうものです。この繰り上げ返済を行うコツはあるのでしょうか?


早めにこまめに返済すること

住宅ローン返済では、早い時期に繰り上げ返済を行うほうが得だと考えられています。まとめてではなく、早い時期に、こまめに返済を行うことで、同じ金額を同じ年数、繰り上げ返済したとしても、利息を考えると、数年の違いで大きな金額になってしまうことが考えられるそうです。また住宅ローンを複数に分けて借り入れている場合は、残金の多いもの、金利が高いローン、変動型のローンという優先項目があるそうです。ただし、金利や残金は借り入れの状況などもあるので、場合によってどのローンから繰り上げ返済を行うかは、一概にコレだと言いきれないそうです。


返済期間が変更できる住宅ローン

通常の住宅ローンは当たり前ですが、短く契約してしまったものの期間を延長させることは難しいと判断されています。そのため、返済のめどがしっかりと出来上がってから返済期間を短くできる住宅ローンを選ぶといいと言われているそうです。また繰り上げ返済を行うことを前提に借りるのであれば、返済でかかる手数料の低いものや、手数料のかからない住宅ローンを選ぶようにしましょう。