住宅ローンのフラット35とは

投稿者: | 2013年11月25日

住宅ローンについて調べているとよく「フラット35」という単語を目にしませんか?フラット35は簡単に言ってしまえば住宅ローン支払い方法の一つであり、その名前の通り長期間に渡る住宅ローンの返済を固定金利で提供する商品の事です。


住宅ローン「フラット35」の概要

フラット35は住宅購入時に発生する料金の一部、あるいは全額を固定金利で返済する事ができる商品です。例えばフラット35なら最長で35年間かけて返済する事が出来ますし、他にもフラット50やフラット20といった商品も確認されています。フラット35には住宅購入時の債務を金融機関が直接買い取る方法と、一度住宅ローン機構を介して金融機関に保証付きで転売される方法があり、前者だと債務の凡そ8~9割、後者は全額を適応させる事ができます。


フラット35の注意

フラット35を利用すれば金利が固定されている為返済が安定し、返済が長期に渡る事によるデメリットが少なく繰越返済手数料や保証料もかからないお得な商品ですが何点か気をつけなくてはいけない点があります。まずフラット35には対応している物件とそうでない物件がある為、物件購入時に適応させる事が可能か調べる必要があります。またもし将来的に住宅ローン金利が下がっても金利が固定されているので損をしてしまう可能性も僅かに存在します。