住宅ローンの頭金

住宅ローンを申請する際、頭金なしというプランも存在しますが、頭金はできるだけ貯めておくのが良いとされています。
頭金として用意できる金額が多ければ多いほどローンの返済総額を抑えられますし、その後の返済計画を無理のないものにできます。


<住宅ローンの頭金はどのくらい必要か>

一般的には、物件の価格の20%ほど、それにプラスして諸経費ぶんの見積が必要です。
諸経費は保証会社や金融機関にに支払う手数料や税金に関するものなどで、物件価格の5%が目安です。
また、住宅が出来上がった際のカーテンなどのインテリアにかかる費用なども諸経費と考えて良いでしょう。


<具体的に頭金はいくら用意すればよいのか>

実際に頭金として用意されている金額はどのくらいなのでしょうか。
首都圏と地方など、土地の価値によって多少の差はあるものの、建売住宅の購入で450万円、マンションでは825万円ほどが平均となっています。
これは首都圏のデータなので、土地の価値により平均額が変動していますが、なかなか大きな額が必要だということがわかります。


<頭金なしでの借り入れは危険?>

頭金なしで住宅が持てますよ、という住宅ローンも存在しますが、「なくても大丈夫なんだ」と考えるのは危険です。
頭金がないと言うことは、それだけ借金の額が大きくなってしまうということです。
住宅ローンには計画的な返済プランとともに、計画的な貯蓄プランも大切になってきます。

住宅ローンは、既に債務がある人は借りるのは難しい

住宅ローンを借りるには、安定した収入が大事になってきます。しかし、単純に安定的な収入があればいいというものではありません。ローンを組むには既に本人の債務状態もしっかりと吟味しなければなりません。既に借り入れなどがある人はローンを組むことができないのです。


<既に借金があると借りれないかもしくは少ししか借りれない>

既に、借金があるという事は、それだけ一定収入を返済に充てており新たに返済してもらえる金額は当然少なく見積もられます。そうなりますと、審査の段階で住宅ローンをの貸し付けはかなりハードルが高くなります。結果としては、審査に落ちてしまうか事前に想定していた金額よりも少ない金額しか借りれないという事態になりかねません。


<ありとあらゆる借金全てに着目される>

カードローンであろうが、キャッシングであろうが借金は厳しく見られてしまいます。また、返済が滞っていた履歴が残っていると審査の方もかなり不利になってしまいます。これから、住宅ローンを組もうとお考えの人は、なるべく今持っている借金を完遂してから考えるのが良いかもしれません。確実に借りれるようにするためにも既にある借金に方を付けてしまいましょう。

住宅ローンの分類

住宅ローンは、大別すると公的融資、民間融資、そして住宅金融公庫と民間融資期間が提携して行う「フラット35」に分かれます。平成19年4月1日に公的融資の住宅金融公庫が廃止になってからは民間の住宅ローンを組むことが主流となりました。


<公的融資>

公的融資には、サラリーマンの給与から天引きして金融機関に積み立てを行う財政住宅融資、それぞれの自治体で個別の利率、融資額、期間などが定められる自治体融資がありますが、これらには条件や利用資格に制限があります。なお、自治体融資はすべての自治体で行われているわけではありません。


<民間融資>

民間融資は、銀行、保険会社、ノンバンクなどが扱っている住宅ローンで、制限があまりありません。金融機関ごとの金利による変動金利型や固定金利型の住宅ローンなどがあります。それぞれの金融機関で独自の商品や金利優遇キャンペーンなども行われています。


<フラット35>

フラット35は、住宅金融公庫と民間融資期間が提携して行い、15年以上35年以下の長期固定金利です。公的融資と同等の利用資格・条件の制限がありますが、それらは各民間金融機関の基準によるところで担保物件や借主の状況が総合判断されます。借入時に毎回の返済額が確定するので計画的な返済が出来ます。また、繰り上げ返済時の手数料もかかりません。

検討にあたっては、こういった融資の分類や特徴について、予めしっかりと確認しておくことが大切です。

住宅ローンを賢く返済するための方法 借り換えローン

住宅ローンを考えるとき、将来的は金利が低いものを見つけて借り換えローンを組もう。そう考えている方もいると思います。確かに金利の差があればあるほど、また残りの返済期間が長く残高が大きいほど、借り換えた効果が出てきます。
しかし、メリットばかりではありません。デメリットもありますのでしっかり把握してください。


<借り換えローンのメリットとデメリット>

新たな住宅ローンで借り入れた資金で今までの住宅ローンを一括返済するのが、借り換えローンです。
まずメリットは、より金利の低い住宅ローンを組みことで、利息の支払いが軽減されます。
次はデメリットです。借り換える場合は、新たに住宅ローンを組むのと同じですので、最初のとき同様に諸費用がかかってきます。ローンの契約書の印紙代、ローン手数料、保証料、登記に関するもろもろの費用などです。諸費用も安い金額ではないので、コスト面の不利益も加味することが大切です。
また、金利が安くなるからと固定金利から変動金利に変えた場合、将来的に金利のリスクを背負うことにもなりかねません。トータルで安くなるのか、その効果をしっかり試算することが大切です。


<借り換えローンができない場合>

中には借り換えローンが組めない場合もあります。
筆頭は公的ローンです。これは借り換えローンをすることができません。
次に同じ金融機関での借り換えは出来ない可能性が高いので、こちらもきちんと調べることが必要です。
また、担保割れをしていたり、過去1年間に滞納があったりする場合なども借り換えローンができないので注意してください。

借り換えローンで得をするには確かな目が必要です。

住宅ローンのシミュレーションをしてみよう

住宅ローンを利用される際には、気になることがいくつかあるかと思いますし返済額などを計算してお得になるのかどうかなど調べておく必要もあります。
ですが、中にはどのように計算をしたらよいのか分からない方や計算するのが苦手だという方もいらっしゃるかと思います。
そんな時は、シミュレーションを利用してみるのが良いかと思います。
現在ではネットが充実していますので、住宅ローンのシミュレーションが出来るサイトもありますからぜひお試しを。


住宅ローンの返済について

住宅ローンを利用している方の中には小さなお子さんを抱えている方もいらっしゃるかと思います。
後々教育費が必要になってきたりしますので、今後のことを考えながらお決めになるのが良いかと思いますよ。
お子さんが小さいうちに返済額を高めに設定をして返済をして、お子さんが大きくなってきたら返済額を低めに設定をして返済すると言うのも、効率が良いのではないかと思いますので、おすすめですね。


審査は何が重視されるの?

住宅ローンの審査で重視されるのは、年収よりも年齢なのだそうです。
なぜ、年齢なのかといいますとあまりにも高齢の方は働くことが出来ませんので返済をするのが難しいと判断されるみたいです。
確かに、すでに定年されている方は貯金で支払う事になりますから大変になってしまいますし、誰でも貯金を持っているとは限りませんので審査に通れないのかもしれませんね。

借りる金額が多いほど金利負担が増加

新規物件を購入する場合、本体の土地建物の費用の他に、手数料や引っ越し料金などの諸費用は購入価格の約5%かかり、4000万円の物件であれば、200万円程度の費用がプラスされることになります。住宅ローン返済は生活費を大きく圧迫するので、如何に借り入れ金額を押さえる事が出来るかが、毎月の返済金額を少なくし生活費の負担を減らすキーとなります。諸費用は税金の他、返済タイプによって異なる事務手数料、借入期間・残高によって異なるローン保証料、借り入れ条件によって異なる火災保険料あるいは生命保険料などが課されるので、出来るだけ初期投資費用として負担できる範囲に収める条件設定が重要です。


<金利の先読み>

住宅ローンの金利は、新発の10年物国債の利回りと連動して長期金利が決まり、貸出金利の長期プライムレートも上昇する事より、住宅ローンの固定金利も連動して上昇するのが一般的です。一般的に景気が上向くと金利は上昇し、景気が悪くなる兆候が表れると金利は低下する傾向にあるので、過去のチャートと景気動向を照らし合わせると、将来の金利動向の予測もある程度可能になるので金利条件の設定や、借り換えなどの参考にすると安心できます。


<返済計画をシミュレーションしておく>

子育てが終わっていない家計では、ローンの返済金額が変わる変動金利型は返済額の増加が懸念されるので、現在の金利状況から見て固定金利型が望ましく、家計に余力のある家族の場合は、変動金利にすることで将来の金利低下の際に有利に働く事を狙いにする手もあります。いずれにしても、条件を設定して返済計画のシミュレーションを行い、返済に無理がかからないようにするのが得策です。

住宅ローンは金利選びが重要

住宅ローンを組む際に1番気になるのは金利ではありませんか?ローン会社の方の対応、保障の内容など他にも気にしたいポイントはあるかと思いますが、やはり1番重要なのは金利の安さだと思います。

住宅ローンと金利

ローンを返済する年月に必ずくっついてくる金利ですから出来るだけ安い金利を求めるのは当然の事です。もしも金利を払う回数が決められていたとしたら、それほど安さを求めたりはしないのでしょうがそんな優しい制度では無いので金利の安さを追い求めてしまうのだと思います。住宅を購入する際、現金一括払いが出来る方は滅多にいないでしょうからほとんどの方がローンを利用する事になるかと思うのですが、払い続ける年月が長く金額が高いローンなので金利選びが重要になってくるのです。金利の差によっては、中古車が1台買えるほどの差が出る場合もありますから数%の違いが最終的には大きな額の差になる事もあります。金利の違いで数百万円の差が出る事があると分かると低い金利を求めてしまうのは当たり前の事です。残念ながら今現在の住宅ローン金利の状況は上昇傾向にありますから、住宅ローンを組む事が難しくならないようご自身の収入と相談しながら金利選びを行ってもらいたいです。

住宅ローンと消費税増税と減税の話

住宅ローンの金利が下がり、住宅は不況と言われている今が買い時だと考える人もいると言われています。しかし消費税の増税が2014年の4月に決定しました。過去、3パーセントから消費税が5パーセントに上がったときは、消費税が上がる前に住宅ローンを組む駆け込み需要があったそうです。


住宅ローンの減税も見直された

今回の消費税増税に伴って、住宅ローンの減税も見直されたそうです。ローンの残金や納税金額によって還元されるものなので、一度は支払う必要がありますが、最大で400万円まで返金されるそうです。消費税が5パーセントで住宅を購入するには、2014年3月31日までに住宅の引き渡しが行われないといけません。そのため、今からではもう間に合わないと考えるほうがいいそうです。しかし、増税に伴って、限度額が4000万円までになり、その金額から1パーセント分が返金されます。最初に所得税から還元され、もしも所得税で足りなければ、住民税からも返金されるとなっています。


給付金制度も導入される

消費税増税後に住宅ローンの契約の減少が起きないように、低所得者には給付金もあるそうです。そのため、消費税増税前に無理して購入を決めるよりも、所得によっては8パーセントに増税されてから住宅ローンを組んだほうが、返ってくるお金や給付金をもらえる可能性もあるそうです。

住宅ローン金利の見極め

昨今金利の下がっている今が家の建て時だと騒がれていますが、それは低金利の今固定金利で住宅ローンを組んでしまう事を前提としています。固定金利商品は例え金利が高騰しても金利を組んだ時に設定した低い金利で返済が続けられる為です。


住宅ローンはいつ組むべきか

ただ最近の金利推移を見ると依然として金利は下がり気味の傾向にあるようです。その為もう少し待っていればもっと住宅ローンは安くなるのではないか、少しでも金利が実際にあがりはじめてから買ったほうが最安値に近いのではないかという見方があります。もちろんアベノミクスや経済活性化の影響で金利の上昇は予期されていますが、その影響が果たして何時ごろどの程度のものなのか未来の事は誰にもわかりません。ただ例えば消費税がもうじき5%から8%になりますが、家は単価が高く1000万の家を買うにしても5%と8%では30万円もの差が生じます。その為場合によっては案外消費税があがる前の今組んでしまったほうが総合的に見たら安い可能性もあるかもしれません。


固定金利とリスクコントロール

ただ固定金利はローンを組んでから金利が上昇すればお得ですが、急に金利が下がった場合大変損をしてしまう場合があります。こういった住宅ローンで大損する可能性を回避する為には固定金利と変動金利を半々で住宅ローンを組む方法や、10年や20年といった比較的に短期間の固定金利にしておくという手もあります。

住宅ローンの繰り上げ返済を行うときは

住宅ローンの金利が過去最低などと言われていることから、住宅を購入する人が増えているそうです。繰り上げ返済とは余裕ができた年などに住宅ローンの残りを先に支払ってしまうものです。この繰り上げ返済を行うコツはあるのでしょうか?


早めにこまめに返済すること

住宅ローン返済では、早い時期に繰り上げ返済を行うほうが得だと考えられています。まとめてではなく、早い時期に、こまめに返済を行うことで、同じ金額を同じ年数、繰り上げ返済したとしても、利息を考えると、数年の違いで大きな金額になってしまうことが考えられるそうです。また住宅ローンを複数に分けて借り入れている場合は、残金の多いもの、金利が高いローン、変動型のローンという優先項目があるそうです。ただし、金利や残金は借り入れの状況などもあるので、場合によってどのローンから繰り上げ返済を行うかは、一概にコレだと言いきれないそうです。


返済期間が変更できる住宅ローン

通常の住宅ローンは当たり前ですが、短く契約してしまったものの期間を延長させることは難しいと判断されています。そのため、返済のめどがしっかりと出来上がってから返済期間を短くできる住宅ローンを選ぶといいと言われているそうです。また繰り上げ返済を行うことを前提に借りるのであれば、返済でかかる手数料の低いものや、手数料のかからない住宅ローンを選ぶようにしましょう。

住宅ローンのフラット35とは

住宅ローンについて調べているとよく「フラット35」という単語を目にしませんか?フラット35は簡単に言ってしまえば住宅ローン支払い方法の一つであり、その名前の通り長期間に渡る住宅ローンの返済を固定金利で提供する商品の事です。


住宅ローン「フラット35」の概要

フラット35は住宅購入時に発生する料金の一部、あるいは全額を固定金利で返済する事ができる商品です。例えばフラット35なら最長で35年間かけて返済する事が出来ますし、他にもフラット50やフラット20といった商品も確認されています。フラット35には住宅購入時の債務を金融機関が直接買い取る方法と、一度住宅ローン機構を介して金融機関に保証付きで転売される方法があり、前者だと債務の凡そ8~9割、後者は全額を適応させる事ができます。


フラット35の注意

フラット35を利用すれば金利が固定されている為返済が安定し、返済が長期に渡る事によるデメリットが少なく繰越返済手数料や保証料もかからないお得な商品ですが何点か気をつけなくてはいけない点があります。まずフラット35には対応している物件とそうでない物件がある為、物件購入時に適応させる事が可能か調べる必要があります。またもし将来的に住宅ローン金利が下がっても金利が固定されているので損をしてしまう可能性も僅かに存在します。

住宅ローンの金利基準はなに?

住宅ローンの金利が下がっている、住宅の値段が下がっているということなどから、現在、住宅は買い時だと言われています。この住宅ローンの金利は何を基準に定められているか知っていますか?過去に住宅の購入がラッシュになったのは、消費税が3パーセントから5パーセントになる直前と言われています。しかし現在、金利は最低だと言われていることから、今後の金利は上がる可能性が非常に高いと考えられているそうです。


住宅ローン減税の対象

住宅ローンで注目されるのが、減税です。中古住宅でも、一部の条件をクリアすれば減税の対象となることから、中古住宅への注目も集まっているそうです。減税の適用範囲が緩和され、既存住宅売買かし保険に加入していること、耐震基準をクリアしている住宅であること、木造住宅は築20年以内、耐火住宅は築25年以内であること、のいずれかの条件に当てはまれば、住宅ローン減税を受けることができます。


贈与枠の非課税もある

親などからの遺産で住宅ローンを利用する場合などは、非課税の対象となるケースもあります。非課税になる条件には、著系尊属からの贈与であること、贈与された資金を翌年の3月15日までに住宅として増改築や購入をし、建物として認められることなどが挙げられています。

住宅ローンの返済を焦っていませんか?

住宅の値段が下がり、減税など多くの控除を受けることができるという意味から、現在は住宅が買い時と言われています。金利も低く住宅ローンを組むことができるので、思い切って住宅を購入したという家庭もあるそうです。しかし、早期に完済することばかりを考えすぎていませんか?


早期完済もいいけれど家計も確認しよう

住宅ローンを早期に完済できるのであれば、それは早く返してしまうに越したことはありません。しかし、家族などを養っている場合に多く見られているのが、返済のしすぎ、なのだそうです。家庭で自由に利用できるお金は最低でも年収の5パーセントは必要と言われています。住宅ローンの返済計画を立てるときには、返済できるお金を計算するときに、この家庭で利用できるお金をキチンと計算しておきましょう。


老後の資産も視野に入れて

住宅ローンの返済に追われてしまうことで生じる問題に、自分たちの老後の貯蓄が間に合わないということが挙げられます。住宅を購入することから、自宅は資産になりますが、生活していくためにはお金が必要となります。住宅はずっと後世まで残すことができるものではありますが、自分たちが年金で生活をするとなったときに、貯蓄がないというのは非常に危険だと言われています。返済期間、借入金額、金利で十分に比較をしてみましょう。

参考サイト:住宅ローン比較くらベル(http://www.housingloan.biz/)